腎臓病食を宅配で頼もう|手軽に健康を維持できる

お年寄り

注目されている治療法です

看護師

栄養を投与する治療法です

体に必要な栄養を投与することを栄養療法といいます。多くの入院患者が栄養が不足している状態にあるといわれています。しかし低栄養状態にあると手術の後の回復が遅くなったり治療の効果が得られなかったりします。特に手術の後は傷を修復するためにたくさんの栄養を必要とします。充分に栄養がとれないと筋肉が減り抵抗力が落ちてしまうのです。なので手術前後は栄養療法により状態を良くする必要があります。これにより術後の回復が早くなり入院日数が少なくなったり、感染症などの合併症を予防することが出来るのです。他にも栄養療法は栄養素が含まれているサプリメントを飲むことで今服用している薬剤を減らすこともできます。例えばがんや頭痛、うつ症状などがこれに当てはまります。

栄養療法や普段の食事を意識することで得られるメリットもあります。まず栄養バランスの乱れから起こる自律神経の乱れを整えることができます。自律神経は心臓の働きや血圧など様々な体の働きを維持しているので、体の不調を治すには整えることが大切なのです。朝昼晩食事をしっかり決められた時間にとり、食べてすぐに寝ないことで自律神経を整えることができます。他にも栄養療法をすることで薬だけに頼らない体をつくることができます。そして栄養バランスのとれた食事を3食しっかりとることで生活習慣病の1つである肥満を予防することもできます。栄養療法には病気を改善したり、手術後の回復を早めるだけでなく健康的な体を維持することもできるというメリットがあるのです。